読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メタルフォーゼのサイドとエクストラ、不採用カード、デッキ相性など

前回の記事ではメインデッキの解説をしたので今回はサイド、エクストラについて書きたいと思います。

ますサイドデッキ

クロウ2

増殖

サイクルリーダー2

ドラゴリッチ2

羽箒

超融合

眼差し

コズミック2

サイクロン2

カーディナル

クロウ、サイクルリーダー

DDや青眼、ユニオンなどに対して入れる手札誘発です。DDに対してのクロウはラミアに打つのが強いのはもちろん、先行展開をドラゴリッチで解決した後の展開としてドラゴリッチを墓地スワラルからアビスラグナロクを出して除去を狙ってきたりするのでスワラルを除外することもそこそこあります。青眼に対しての墓地除外はもちろん強くてこちらのユニコーンに対して相手が手数を上回るとしたら蘇生札が絡んでくるのでそこに墓地除外を合わせればなかなか超えられないと思います。ユニオンに対してサイクルリーダーやクロウがどれくらい刺さるのかというのは調整不足で分かってないですがスクランブル・ユニオンが結構やばいので何か考えた方がいいかなと思いました。ちなみにもうあまり見かけないですがトランスターンで墓地に送ったモンスターにクロウやサイクルリーダーを打つと特殊召喚が適用されません。

増殖

メインの誘発を増殖とうさぎの2枚ずつに散らせたので3枚目がサイドに入った形になりました。

ドラゴリッチ

青眼やDD相手の選択権がない場合に入れます。精霊龍の突破や先行展開の解決が仕事です。DDのメインギミックでのドラゴリッチの突破がスワラルからアビスラグナロクやヘルアーマゲドンを特殊召喚することと戦乙女の契約書であり、サイドカードを含めると闇の護封剣が回答になります。普通に維持して殴っていれば勝てるのでクロウでスワラルを除外したりサイクロンを温存して回答に当てるといいです。メインのベイゴマやゴウフウ、サイドのドラゴリッチなどは魔封じがあっても強く、あえて魔封じを放置するプランを取るときもあります。特に青眼は魔法カードが多くを占めていて前を除去すれば自分の魔封じが刺さって動きが遅くなり、一度前を除去すると次に前を供給するのに結構苦労しているイメージです。このカードの比較対象はイルミラージュになります。あちらは風レベル3とレベルも属性もこのデッキと噛み合ってますが、関東では8軸DDが多く、負け筋の一つとしてラミアとテムジンが並んでクリアウィングをケアするためにそこで妨害を使い、スワラルからトーマスでカリユガを作られてスケールを潰されて負けというパターンがありますのでカリユガを除去することが出来るドラゴリッチを優先しました。

羽箒

ミラーと彼岸、クリフォートなどにしか強いと思わないのでサイドに落としました。

超融合、カーディナル

ミラーの先後両方とDDや青眼、ユニオン、彼岸にも選択権がないときは入れてます。超融合はメタルの最強のパワーカードでどんな展開でもほとんど返せます。ほんとに最強です。うさぎをメインに入れたことで先行ランク3を作れる場面が多くなり、エンジネルをエクストラに入れてカーディナルをサイドに落とした形になりました。

眼差し

ペンデュラムミラーで持っていたらほとんど勝ちです。儀式彼岸と当たったとき、リリーサーの回答がエキセントリックくらいだったので入れましたが引きませんでした。

コズミックサイクロン、サイクロン

ライフコストが痛いのでコズミック3ではなく2にしてサイクロンも2枚にしました。コズミックの方が強いと思ってたんですけど、実際のところ自分のコンビネーションをサイクロンで割ったりとサイクロンの方が小回りが利くと思ったのでサイクロン3枚の方が強いかもしれません。彼岸に対してはツイツイの方が強そうですけど試せてないので今度試そうかと思います。

 

次にエクストラデッキ

アダマンテ

オリハルク2

異星

エクストリオ

ガイアドレイク

月華

Ω

イグニスター

オーガドラグーン

クリスタル

ツィオルキン

エンジネル

トーテム

ブレイクソード

アダマンテ、オルハルク

アダマンテ1枚、オリハルク2枚は確定枠だと思います。CSでアダマンテ2枚目が欲しかった場面は1回、オリハルク3枚目が欲しかった場面は0回でした。デビフラでオリハルクを出してサイフリートと相撃ちして地獄門を除去したり、オリハルクとデビフラで融合してアダマンテを出してオリハルクでバックを破壊するなんてこともたまにあります。

異星、エクストリオ、ガイアドレイク

デビフラで出るモンスター達です。異星はミラーは強いのですがDDのトーマス+ペンデュラムモンスターやユニオンのAなどで粘られるのがかなり面倒なので出来るだけエクストリオを出したいところです。ゆきうさぎの流行もあり、メインの警告は通告の方が良かったかなと思います。ガイアドレイクは青眼とミラーで出します。あまり出番はないですけど結構強くて神やユニコーンで回答を潰せるようにしておけば割と維持して殴れるのが面白いです。CSではガイアドレイクだけ出番がなかったです。

月華

ゴウフウデビフラの手札の時にたまに出す程度です。ゴウフウ増殖でも出ますけど1回しかその出し方をしたことはないです。CSでは1回も出しませんでした。

Ω

手札誘発を入れて先行で手札を0に出来ないことが多くなりオーガだけでは足りないということで採用しました。強欲貪欲で飛んでしまったカウンターや融合を墓地に戻せるのがおしゃれです。

イグニスターP

当たり前ですけどめちゃめちゃ強いです。サイフリートよりぎりぎり打点が上回っているのが素晴らしい。融合体を除くと使用頻度はかなり高い方です。

ツィオルキン、オーガドラグーン、クリスタル

ゴウフウからの展開で出るモンスター達です。オーガもクリスタルもとても強いです。オーガドラグーンは守備力が高いのがかなりいいです。ツィオルキンはツィオルキンをチェーン1、アリアドネやコンビネーションをチェーン2にすることで通告をケアすることが出来ます。今回のCSでは増殖に怯えつつも結構ツィオルキンパターンが出来たので良かったです。

エンジネル

ベイゴマデビフラやエキセンをコンビネーションで割る展開にデビフラを持っている場合だと欲しくなります。一人回しだとかなり欲しくなるんですけどCSだと1回も出さなかったので抜いてもいいかなあと思ってます。

トーテムバード

ベイゴマ1枚で作れて神と構えるだけで十分に強く、ラクーン被りやラクーンとユニコーンを両方持っている場合、ラスターでラクーンを複製した場合でも出します。SRギミックはベイゴマラクーンというハンドなら先行でベイゴマラクーンでトーテムを作り、2ターン目にはラクーンタケトンボでブレイクソードでバックを触れるので結構強いかなと思います。

ブレイクソード

イグニスターと同じくらい出します。コンビネーションを割ってスケールを揃えたり融合を除去に変えたりとこのデッキのブレイクソードはかなり強いです。メタルのサーチや特殊召喚をシルバードにしておくことでブレイクソードを出しやすくしておくといいです。

 

メインやサイドで不採用にしたカードについて。

スキル、ツール、アセンブラ

スキルを入れることで8スケールの総数が上がり、エキセンを含めてスケールの偏りを減らせるのはかなりいいと思ったのですが後ろを踏むギミックを優先しました。スキルで下スケールのメタルがサーチ出来るようになったら強そうだなと思います。あと強欲貪欲の打ち方がさらに難しくなるギミックだと思います。エクストラ2枠は普通に重そうです。

巨神鳥

神が直撃してしまううえ、スケールを持っていないので個人的には評価は低いです。

ジョウゲン

青眼やDDに強くてサイドに入れてたこともありましたが枠の都合で抜けました。メインは刺さる相手と刺さらない相手がはっきりしているので微妙かなと思ってます。

パキケ

異星の回答にもなりつつ青眼などに強いのですが今回は不採用にしました。異星に一本取られているので別にこのカードじゃなくてもいいですが異星の回答は何かしらメインに入れた方がいいかなと思いました。

イルミラージュ

ドラゴリッチのところにも書きましたがカリユガを倒せないのであちらを優先しました。

闇の護封剣

青眼には強いと思ったのですがサイフリートにひっかかるので入れてません。

サタンクロース

ドラゴンバスターを一番綺麗に除去できそうなカードですが1ドローをさせないためにサタンクロースを除去するには手札のハードルがちょっと高いかなと思いました。ユニコーンで回収できると最強です。ユニオンに対する墓地除外はスクランブルや異次元からの埋葬が強くてほかに何かいいカードはないかなと考え中です。一応ふゆさくらあたりが良さそうだと思いますがかなり枠を取るのでどうなのかなと思ってます。

苦渋の決断

サイフリートに止められて通したいのが強欲貪欲やスケール効果くらいだったのと、よく考えたら必須でもないなと思ったので今回不採用にしてみました。決断から入った場合、ユニコーンしかいなくても相手の融合にコンビネーションが反応してユニコーン+ペンデュラムモンスターになるのは地味にいいところだと思います。今回のCSでは少しメタルカードが引けない感じがしたので入れてもいいかなって感じました。

カウンター2枚目

2枚入っているとカリユガを出されてもスケールが揃う可能性が高かったりモンスターを場に残してユニコーンの通常召喚から入りやすくなるなどの利点があります。また単純にメタル魔法罠を引いてしまった時でも破壊回数を多くできるのも2枚のいいところです。今回は入れたいカードが多かったのと初手の質を高めたかったという理由があって1枚にしました。1枚で困るということはなかったので良かったかなと思います。

 

各デッキとの相性

青眼6:4で有利

DD4:6で不利

彼岸7:3で有利

ユニオン不明(5:5くらい?ドラゴンバスターが成立しなくてもメインの魔封じや神がきつい)

こんな感じだと思います。青眼は特有の事故があるのとユニコーンを超えるのに蘇生札が絡まないと厳しいからこれくらいかと思います。DDはとにかく手数が多く更に戦乙女とオルトロスの存在で除去が豊富で、カリユガで詰まされることもあるので若干不利だと思ってます。彼岸はユニコ―ンが出ればかなり楽ですがベアト神や魔封じは厳しいです。最後にユニオンですがよくわからないです。ドラゴンバスターはもちろん強くて罠型には魔封じや神も入ってるのでかなり厳しそうですが、あちらはこちらの先行がなかなか捲れないそうなのでサイコロゲーなんでしょうか。

 

最後にこれからのメタルについて。

次元障壁と新規の融合が発売されることによって多少は変化がありそうです。特に新規の融合はメタルのギミックだけで置物がおけるようになるので期待しています。次元障壁は自分の異星を一時的に解除するなどが出来るようになったりと面白そうだと思いますが打たれるとやっぱりきつそうです。

前回の記事が短いと言われてしまったので今回はちょっと長めに書きました。では。

メタルフォーゼについて

どうも、はじめまして。

名前とアイコンが被りまくってるということでわたりおんに間違えられたわたわたです。

新制限がほとんど変更なしだったので前期から優勝、ベスト8とお世話になっているメタルフォーゼを今期も使うことになりました。

新制限最初のCSとしてはっち神奈川に出て、なんとか優勝することが出来たので今回はその構築について書いていきます。

メイン43

モンスター

メタル11(ゴルドライバーだけ2枚)

ラクーンユニコーン6

ベイゴマ2タケトンボ

アリアドネ2

ラスター

エキセン2

デビフラ3

ゴウフウ2

増殖2

うさぎ2

34

魔法

錬装融合

強欲貪欲2

3

カウンター

コンビネーション

通告2

警告

宣告

6

 

 

以下、一応解説です。

 

メタル11枚

8スケールは最大値の6枚、下スケールはアリアドネやラクーンユニコーンが入っていて枚数が多めなのでゴルドライバーを削って計5枚にしました。メタルフォーゼにおいてレベル3はとても重要(ランク3や8シンクロに絡むため)で、レベル4はラスターと合わせてイグニスターになるくらいなのでゴルドライバーを削っています。

ラクーン、ユニコーン

強すぎるのでフル投入してます。ペンデュラムを使う理由になるくらいには強いです。

アリアドネ

有りでも無しでもいいカードだと思いますが、メタルミラーでは神を持っていた方がかなり有利になれるのとデビフラと合わせてほとんど勝ち確になるので採用しています。

エキセントリック・デーモン

このカードは置物を超えたり、後ろを割ったりできる良いカードです。持っているとカリユガで詰まなかったりペンデュラムとユニコーンによって何度でも使えるほか、採用しておけば虚無魔人の回答をわざわざサイドに用意しなくても済みます。またこのカードの採用はスケールの偏りを減らすことにもつながります。それは単純に上スケールを増やすということだけでなく、ヴォルフレイムやスティエレンとエキセンしかないハンドからでもコンビネーションを割ることで下スケールに切り替えることが出来るという意味です。さらにレベルが3なのも◎。

ゴウフウ、ラスターP

ゴウフウは先行でも後攻でも強いカードです。特に後攻が強く、DDの展開を返す際に持っていると楽です。特殊召喚からユニコーンの通常召喚も結構強いです。魔封じ下でイグニスターによって魔封じを突破するためにはラスターPが必要なのでこれらはセットです。被りが弱いので2枚にしましたが3枚でもいいと思われます。

ベイゴマックス、タケトンボーグ

これも先後両方強いカードです。先行ならトーテムバード、後攻ならブレイクソード、デビフラとセットならエンジネルになります。クリスタルを踏めるカードの種類を増やしたかったのもあり採用しました。こちらも被りが弱いので2枚です。

デビフラ

猿カードです。後攻ではあまり強くないですけど、たまにガイアドレイクで精霊龍を倒したり、オリハルクでサイフリートと地獄門の両方を破壊したりもします。

誘発4枚

増殖3枚だけだとちょっと足りない感じがしたのでゆきうさぎと散らせて計4枚にしました。ゆきうさぎはエクストリオの回答になったり先行で混ぜてエンジネルになるのでちょっと強いと思いました。あと6枚目にひいてもゆきうさぎは多少ましなのも良いです。

メタル魔法罠

今回はすべて1枚にしました。カウンターは2枚もかなり強いのですが初手の質を高めるために1枚に抑えました。

強欲貪欲

パワカなんですが被りや2ドローで2枚目を引くのが結構嫌なので2枚にしてます。このデッキだと打ち方が難しく2回目もあまり打ちたくないです。一応融合やカウンターが除外されてもΩで戻せます。

神4枚

最初は通告3枚目を入れた計5枚だったんですけど誘発を入れていく過程で枚数を減らしました。警告にした理由は青眼の蘇生札に打てること、ケプラーに打ってもエクストラに行かないこと、ユニコーンの通常召喚に打てることだったんですが、ゆきうさぎが流行っているので通告3枚目でも良かったかもしれません。

 

メインデッキの解説はこんな感じです。長くなってすいません。今回は特にメタルばかりのハンドを減らして手数を増やすこと、先でも後でも強い構築を目指してデッキを考えました。その結果かなりごちゃごちゃした構築になってしまいましたが…。

エクストラとサイドについては気が向いたら書くかもしれません。

質問はTwitter @ypwatawata まで。